days of atresure

ロサンゼルスのシェルターにいたRookie。Rookieの一時預かりボランティア中に、日本帰国が決まり、正式に家族として迎えることに。大変なこと、幸せなこと、最近では幸せなことばかり、、、綴っています。本ブログの画像および文章の著作権はmamiにあります。無断転載を禁止します。

Magic

今日もボランティアは私ひとりでした。
私もシェルターの犬達も現在旅行中のTanyaが復帰してくれるのが待ち遠しいです。
1人だと20頭の犬全てを散歩させてあげることができません。
最近は5時には陽が落ちて暗くなってしまい、シェルター付近は決して治安の良いところでは無いので、散歩を途中で中止して帰らざるを得ません。
帰り際、私の顔を見て「お散歩に行ける!」と思った犬たちが甘えた声を出して必死にアピールしているのが切なかったです。
ボランティアが増えるといいのですが、けっこうキツイのでなかなか。。
今週は良いニュースもありました。先週このブログで紹介したMatildaがアダプトされました!
そして8月21日のブログで紹介したRubyがついにアダプトされました!
Rubyは私が最初に散歩したピットブルで、お腹を撫でてもらうのが大好きな子でした。
シェルターの子の中でも、特に意思疎通のできる仲良しな子だったので、少し寂しいけれど、嬉しいです。
画像はピットブルとレトリーバーのMixのMagic。
人間が大好きで、べろんべろん舐めてきます。すごい勢いで抱きついてきます。
小さい犬ならそれも愛嬌ですが、大きな犬なのでこの大きすぎる愛情表現がシャレになりません。
今のままではアダプションが難しくなるので、少しずつ、しつけていきたいと思います。

広告を非表示にする