読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

days of atresure

ロサンゼルスのシェルターにいたRookie。Rookieの一時預かりボランティア中に、日本帰国が決まり、正式に家族として迎えることに。大変なこと、幸せなこと、最近では幸せなことばかり、、、綴っています。本ブログの画像および文章の著作権はmamiにあります。無断転載を禁止します。

野麦峠デビュー

snow

金曜移動で渡米前から「行ってみよう」と言い続けてきた野麦峠スキー場へついに行って来ました。
今まで滑り応えのあるスキー場と言うと、アメリカではMommoth Mountain、日本だと八方尾根だったのですが、野麦峠はすごかった!!

なにしろメインのコースが最大斜度28度、平均斜度25度。中央にあるメインのリフト(スカイライナー)に乗ってしまったらここを滑らないと帰れません。このリフトが1600メートルもあります。
スカイライナーの上にあるリフトに乗ると、さらに最大斜度30度、平均斜度29度なんていう上級コースがひしめいています。
初級コースはメインから外れたリフト1本だけで300メートルだけ。

お天気に恵まれ、乗鞍岳がきれいに見えています。急斜なので上からのぞいてもゲレンデの麓のほうしか見えません。
「上手なスキーヤースノーボーダーが多い」という前評判を聞いていたけれど、このコースだと上手くないと滑れません。中級レベルでもきつい思いをします。。
スキー場の売店にはスキー場ごとにオリジナルステッカーが売っているのですが、野麦峠スキー場のステッカーは「野麦峠修行僧」と書かれていました(笑)硬派なスキー場です。

標高2130メートルのスキー場山頂。ここからきつい斜度の4000メートルダウンヒルで膝はガクガク、腿はパンパン。
でも、すっごく滑り応えがあって、きついのはきついので強烈に「ヤラレ感」があって楽しかったです。
最近お決まりのスキー場で予定調和な感じのスキーしかしていなかったので、久しぶりにチャレンジャーになれました。
2日間たっぷり滑って、今日は廃人のようになっています。。ルーキーの散歩はいつも通りしましたけれど。。