読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

days of atresure

ロサンゼルスのシェルターにいたRookie。Rookieの一時預かりボランティア中に、日本帰国が決まり、正式に家族として迎えることに。大変なこと、幸せなこと、最近では幸せなことばかり、、、綴っています。本ブログの画像および文章の著作権はmamiにあります。無断転載を禁止します。

ルーキーと入笠山スノーシューイング

snow


ルーキーと帰国してから毎年の恒例行事になっている入笠山のスノーシュー、今年も行ってきました

入笠山へは富士見パノラマスキー場のロープウェイに乗ってエントリーします

出だしはなだらかな林間コースを歩きます。ルーキー、ごきげん♪

林間コースを抜けると入笠湿原。広い雪原が広がって、ルーキーさらにごきげん♪
嬉しくてうさぎさんみたいにピョンピョンしてました

湿原を抜けてしばらく歩くとマナスル山荘

マナスル山荘の目の前にはスキー場跡があります

誰かが作ったかまくら。ルーキーに「ハウス入る?」と聞いたら、にこにこ入っていきました。
ルーキーはこういう狭い穴くらが大好きなのです。

広いのでちょっとボール遊び

この先はちょっと急登になるので、スノーシューやルーキーのブーツ等装備を再点検

私もルーキーもしんどい、、、ルーキー、私の前じゃなくて、ラクして後ろを歩いています

ちょっとなだらかで広くなっている場所で小休止

風に舞う粉雪に太陽光がきらきらしてきれい

元気を取り戻したルーキーが「早く行こうよ!」とせかします

この先は山頂まで急登が続きます

「ママ、まだ山頂に着かないの?」あとちょっとだよ、ルーキー。

山頂が見えたら、元気復活のルーキー。「早く早く、こっちだよ!」

もうちょっとで山頂です

ついに山頂!!絶景だ〜

どこでもいつでもイチャイチャ。。

山頂は突風が吹いて寒いので、絶景を堪能したらのんびりしないで下山です

下山ルートは行きと変えましたが、こちらのルートは最近は誰も通っていなかったらしくふかふか〜

でもこっちのほうが急なので、どんくさい人間は尻もち。
ルーキーは呆れ顔。。


帰りも湿原でちょこっとボール遊び

ロープウェイのあるスキー場まで戻ってきました。ルーキーはもうお疲れの様子。

ロープウェイで下山です。
ルーキー、最初に乗ったときはかなりロープウェイが怖かったみたいだけれど、しょっちゅう乗せているせいか、すっかり馴れたみたいで余裕でした。


はじめて来た時は週末でもほとんど誰もいなかった入笠山ですが、登山&スノーシューブームで毎年ものすごく登山客が増えています。
今日は平日だったのに、10人以上のツアーが何組も来ていました。

ふだんのお散歩ではあまり声をかけてもらえないルーキーも、こういう場所では「おりこうさんね」と大人気で、たくさんの人に撫でてもらえるから、嬉しくてうきうき。


ロープウェイに犬が乗れるのも有名になったようで、平日なのに8頭のわんこを見かけました。
途中に旧スキー場跡があるのですが、他にもたくさん登山客がいるのに、大型犬4〜5頭が吠えながらオフリードで走り回っていましたが、こういう飼い主達の行いで他のお客さんからクレームが入り、犬禁止になってしまうので、本当に止めてほしいです。ここ数年、スキー場はどんどん犬禁止になってきて冬季もロープウェイに犬を乗せてくれるスキー場は、ここくらいになってしまいました。
一部の犬連れが犬を連れて行ける場所を失くす原因になっているなんてとても残念なことです。

素晴らしい景色とスノーシューが楽しめるこの場所を、マナーを守って、いつまでも犬連れで楽しめるようにしたいですね。