days of atresure

ロサンゼルスのシェルターにいたRookie。Rookieの一時預かりボランティア中に、日本帰国が決まり、正式に家族として迎えることに。大変なこと、幸せなこと、最近では幸せなことばかり、、、綴っています。本ブログの画像および文章の著作権はmamiにあります。無断転載を禁止します。

DUGAN

今日もTanyaとふたりだけの散歩で大変でした。
が、途中から中学生のシャイな男の子がボランティアに参加してくれました。
すごく大きな男の子なのですが、好きな犬はなんとチワワ。
とってもシャイで最初は頷くくらいしかしてくれなかったのですが、チワワのケンネルで3匹のチワワと一緒に遊んでみたら、すっかり打ち解けてニコニコしていました。
レスキューでは犬のためだけじゃなくて、私達ボランティアも犬達によってケアされているような気がします。
写真のわんこ、DUGANは交通事故で瀕死だったところをレスキューされて、一命をとりとめました。手術のあとが左目のあたりに残っています。
DUGANはとても人なつこい可愛らしい子で、ボランティアのひとりがアダプトすることに決まっています。
最近お気に入りのひよこのおもちゃで遊ぶ姿がとっても可愛いです。

広告を非表示にする