読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

days of atresure

ロサンゼルスのシェルターにいたRookie。Rookieの一時預かりボランティア中に、日本帰国が決まり、正式に家族として迎えることに。大変なこと、幸せなこと、最近では幸せなことばかり、、、綴っています。本ブログの画像および文章の著作権はmamiにあります。無断転載を禁止します。

志木市多頭チワワ遺棄

この数か月の間に志木市でチワワが20〜30頭、大量放棄されています。
今回はRookieがよく行くドッグランの目と鼻の先で遺棄されており、5頭のチワワが見つかりました。
チワワのうち4頭は保護団体「Happy Paws」さんに保護されました。

↓詳細はこちらをご覧ください
http://wanwannyan.blog68.fc2.com/blog-entry-1693.html

放棄されているチワワの毛色のほとんどがブルーマール。
チワワのブルーマールは難聴・盲目などの神経系障害、内臓系障害を持つ個体が多く、健康面でリスクが高いため、海外では繁殖を禁じている国もあります。
健康面でリスクの高いブルーマールばかり繁殖し、しかも大量放棄、これ以上この犯人が犬の繁殖をしないように捕まってほしいです。
何か情報をご存知の方は朝霞警察署に通報をお願いします。


もう2年半以上前に、家のすぐ目の前の河川敷でブルーマールのチワワを近所の方が見つけて、何とかしてくれと言いに来たことがありました。
それが、この子。うちではちわ助と呼んでいました。

Rookieは他犬に激しい攻撃性があり、アメリカ時代に最初の一時預かり先で同居犬を殺して、犬を飼っていない我が家に移動してきた経緯があるので、うちでは極力一時預かりはしないことにしているのですが、近所の方も誰も預かれないと言うし、若くて良い子だったので捨て犬とは思えず、飼い主さんが探しているだろう、すぐに見つかるだろうと思い、しばらくうちで預かることにしました。

ちわ助は他犬との距離の取り方の上手な子で、目は離せないけれど、一緒にお散歩に行けるようにはなりました。

保健所と警察に連絡をして、あちこちに張り紙をして、2週間ほど飼い主を待ちましたが、結局連絡は来ず、その時も「Happy Paws」さんに保護をお願いすることになり、その後、ちわ助は素敵な里親さんが見つかり、幸せに暮らしています。
今にして思えば、ちわ助も、同じ繁殖屋が放棄したのだと思います。


Happy Pawsさんは、Rookieのお友達であるラビちゃん、こげまる君の出身保護団体です。


うちでプチ預かりしていたドーベルマンのさすけ(レオン)ちゃんや、オゥシーのローラちゃんも、Happy Pawsの元保護犬です。
信頼のおける団体さんですので、犬を飼いたい方も、ボランティアしてみたい方も、ボランティアは出来ないけれど寄付してみたい方もHPをチェックしてみてください。
※どの保護団体も、放棄犬の保護の依頼は受け付けていませんので、そういった連絡はしないでくださいね。
 全ての犬を助けたいのはみんなの願いですが、一時預かりボランティア先、金銭面にも限界があるのが現状です。
Happy Paws
http://happy-paws.main.jp/index.html
里親募集ページ
http://happy-paws.main.jp/hogo/frame-hogo.html